HOME >  会社情報 > 社長挨拶

社長挨拶

産業を創造し、高齢社会を取り巻く方々のイキイキに貢献する 後藤夏樹

 当社は、「高齢社会に適した情報インフラを構築することで価値を創造し社会に貢献し続ける」を企業理念に掲げています。高齢社会に求められる事業領域を、介護、医療、キャリア、ヘルスケア、シニアライフ、グローバルと定義し、高齢社会を取り巻く方々を情報やサービスを介してつないでいくことでイキイキとしていただくことを目指しています。

 日本の高齢化率は既に25%を超え、超高齢社会に突入しています。生産人口は減少し、医療費・介護給付費は増加の一途をたどる一方、高齢社会に関連したビジネスは日本の中でも数少ない成長可能性の高い領域として、人々や企業の関心は高まっています。

 そして、高齢社会に関連する情報は、例えば介護や医療など、専門性が高いものが多く、正しい情報を簡単に得たいというニーズはより高まっており、そこには膨大な事業機会が存在します。

 このような社会的背景から、当社は企業理念に掲げる「高齢社会の情報インフラ」が、例えば自動車や電機といったような一つの大きな産業になると考えています。
 当社はその「高齢社会の情報インフラ産業」を創造するために、高齢社会を取り巻く方々に様々な情報やサービスを数多く提供し、それらの方々を有機的に結びつけていくことで、高齢社会で事業を行う方、働く方がイキイキと仕事をし、それを通じて高齢者の方々やそのご家族がイキイキと生活する、そのような社会の実現を目指しています。

 このような考えのもと、当社は2003年の創業以来、多数のサービスを開発・運営してきました。今後も、「高齢社会の情報インフラ産業」の創造を目指し、また高齢社会を取り巻く方々のイキイキを実現するため、グループ社員一丸となり挑戦を続けてまいります。

株式会社エス・エム・エス
代表取締役社長 後藤夏樹