HOME >  ニュース >  「カイポケ経営支援サービス」、リハビリ特化型デイサービス「リハプライド」へ導入決定

プレスリリース

「カイポケ経営支援サービス」
リハビリ特化型デイサービス「リハプライド」へ導入決定

2016年4月8日

介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「当社」)は、リハコンテンツ株式会社(代表取締役社長:山下哲司)が当社の「カイポケ経営支援サービス」を基幹業務システムとして導入いただいたことをお知らせします。
「カイポケ経営支援サービス」は介護事業者様向けに経営・財務安定化及び業務負荷削減をサポートするサービスです。中小規模の介護事業者様、複数事業所を持つ法人・フランチャイズ本部様など、規模を問わずご利用いただいております。
一方、リハコンテンツ株式会社は「リハプライド」のブランドでリハビリ特化型デイサービスのフランチャイズ展開を進めており、現在全国で150事業所を展開する国内大手のフランチャイズ本部です。今回、その全ての事業所で「カイポケ経営支援サービス」を導入いただきます。リハプライド加盟店様の業務運営の効率化はもちろん、本部業務のICT※導入や経営の見える化による事業運営全体の効率化を支援していきます。

*ICT:Information and Communication Technology(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)の略。情報・通信に関する技術の総称。

【サービス提供の背景】

厚生労働省によると、デイサービスの市場規模は現在の約1.5兆円から、今後10年で少なくとも1.5倍程度に拡大すると見込まれています。その中でも、運動機能の訓練や体力維持を中心としたメニューを提供するリハビリ型デイサービスは要介護者・要支援者などの機能回復に向け中心的な役割を担うと期待されています。
一方、社会保障費の抑制による経営環境の変化や、継続的な人材確保難を背景に、デイサービス事業者には経営・業務運営の効率化が求められています。デイサービス事業は日々の記録業務や書類作成業務が多いという特徴がありますが、多くの事業者ではICT化が進んでおらず、業務負荷が大きいのが現状です。「カイポケ経営支援サービス」ではこの問題を解決し、低コストでのICT導入による業務効率化を実現します。

【連携の内容】

今回の導入にあたり、当社はリハプライド加盟店様に対して「カイポケ経営支援サービス」の利用による経営・業務運営効率化の支援はもちろん、営業や採用、開業資金調達のサポートサービスも提供いたします。また、管理業務の効率化を目的とし、フランチャイズ本部への運営管理機能もあわせて提供いたします。
また、リハコンテンツ株式会社と当社が合同で、介護業界への参入を考えている方向けのセミナーも開催するなど、様々な面で連携していきたいと考えております。

<「カイポケ経営支援サービス」画面イメージ>
37種のサービスにより介護事業者様のICT化を後押ししております。

【「カイポケ経営支援サービス」について】

「カイポケ経営支援サービス」は、介護・福祉事業者様の経営・財務安定化及び業務負荷削減をサポートし、介護・福祉事業者様が目指す「理想の介護」実現を全面的に支援するサービスです。採用支援サービスや営業支援サービスなど現時点で35を超える経営支援サービスを展開しており、全国約11,100拠点(2016年1月1日時点)の介護事業所様が会員となりご利用いただいております。

【リハビリ型デイサービス「リハプライド」について】

「リハプライド」は、全国に150店舗を展開している、シニアフィットネスの要素を取り入れた本格的なリハビリ型デイサービスです。
国際医療福祉大学大学院の竹内孝仁教授が提唱する“パワーリハビリテーション”理論に基づき、ドイツ生まれのメディカルトレーニングマシンを使用したリハビリプログラムにより、実際に7割以上のご利用者様が要介護度を「維持・改善」しています。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社エス・エム・エス
・広報担当 経営企画部 養田(ようだ)
   電話:03-6721-2403
・事業担当 介護経営支援事業部 平野(ひらの)
   電話:03-6721-2411
   e-mail:info2@kaipoke.biz
   URL:http://www.kaipoke.biz/
   住所:東京都港区芝公園2-11-1住友不動産芝公園タワー