健康経営

エス・エム・エスの健康経営の取り組みをご紹介します。

     

健康宣言

エス・エム・エスは、「高齢社会に適した情報インフラを構築することで人々の生活の質を向上し、 社会に貢献し続ける」を企業理念に掲げています。
高齢社会に求められる事業領域を、介護、医療、キャリア、ヘルスケア、シニアライフ、海外と捉え、高齢社会を取り巻く方々を情報やサービスを介してつないでいくことで、イキイキと働き、生活していただくことを目指しています。

企業理念の実現に向け、従業員が心身ともに健やかに働くことが重要であると考えており、従業員の健康維持・増進に積極的に取り組んでまいります。
また、ヘルスケア事業を運営する企業として、従業員一人ひとりが自らの健康に関する高い意識を持つことが、よりよいサービスを提供することにつながるものと考えています。

そのため、従業員の健康維持・増進と意識向上を推進するための組織体制を構築し、さまざまな取り組みを行ってまいります。

代表取締役社長 後藤夏樹




健康経営の体制と仕組み

社長直轄の健康推進室を設置しました。健康推進室は、健康経営を推進するための専任組織として、 施策の企画・実施を行います。
また、常駐保健師による相談窓口を社内に設置し、産業医・健康保険組合と連携しながら、健康増進、リテラシー向上、各種相談・メンタルヘルスサポートなど従業員の健康支援に取り組んでいます。
さらに、ヘルスケア事業での知見をもとに、健康管理に関する各種施策に関して提言を受けるなど連携を図っております。
健康管理に関する課題、健康管理に関する施策の状況については、経営会議等を通じて経営層へ報告し、会議での意見を健康経営の推進に活かしております。



健康経営の主な取り組み




健康経営の取り組みによる成果(数値)

    
項目 2018年度2019年度
健康診断受診率 100% 100%
健康診断精密検査受診率 35.6% 43.5%
ストレスチェック回答率 96% 100%



その他の成果(経営への影響)

健康推進の体制構築と各種施策により、従業員本人が自身の健康に関する自己管理の意識が高まり、それに紐づく生産性向上への意識改革も進んだと分析しております。
また、特に完全退社時間の設定、女性特有の健康課題への取り組みは、採用活動における強みの一つになっております。


      

外部評価

  

これらの取り組みが評価され、2020年には経済産業省と日本健康会議が共同で顕彰する「健康経営優良法人2020(ホワイト500)」に認定されました。

PAGE TOP