トップメッセージ

株主・投資家の皆さまには、日頃より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

日本は既に超高齢社会に突入し、生産人口が減少していく中で、高齢社会に関連したビジネスは日本の中でも数少ない成長可能性の高い領域として、人々や企業の関心は高まっています。また、高齢社会に関連する情報は、たとえば介護や医療など、専門性が高いものが多く、正しい情報を簡単に得たいというニーズはより高まっており、そこには膨大な事業機会が存在しています。

このような社会的背景から、当社はグループミッションに掲げる「高齢社会の情報インフラ」が、たとえば自動車や電機といったような一つの大きな産業になると考えています。

当社は2003年の創業以来、多数のサービスを積極的に開発、運営し、増収増益を継続してまいりました。その中には、看護師人材紹介などの業界ナンバーワンサービスや、中小規模介護事業者様向け経営支援サービス等の業界初のサービスも多数存在し、今後も安定した成長が見込まれます。一方で、膨大な事業機会を捉えるため、これまで通り長期視点で積極的な事業開発を行っていきます。

継続成長という上場企業としての責任を果たしながら、ベンチャー企業のように積極的な事業開発も行うことで、「高齢社会の情報インフラ産業」の創造を目指し、高齢社会を取り巻く方々のイキイキに貢献することを目指していきます。

株主・投資家の皆さまにおかれましては、引き続き変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社エス・エム・エス
代表取締役社長 後藤 夏樹

PAGE TOP