放課後等デイサービス向けレセプト・経営支援サービスの予約受付開始

2016年03月02日 プレスリリース

放課後等デイサービス向けレセプト・経営支援サービスの予約受付開始

~業務効率化、コスト削減など放課後デイの経営を一括サポート!~

2016年3月2日

 介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「当社」)は放課後等デイサービス(以下「放課後デイ」)向け経営支援サービスの提供を開始いたします。本サービスを通じて、放課後デイにおける業務を効率化し、療育活動や営業活動といった本来注力すべき業務に専念できるように支援していきます。

【提供サービスの内容・ポイント】

 当社は中小介護事業者向けに経営支援を目的とした「カイポケ経営支援サービス」を提供しています。 今回リリースする経営支援サービスは、放課後デイ向けにこのサービスを拡張するものです。一般的に放課後デイは通所介護と業務が類似しており、請求業務や記録業務などの事務作業に多くの時間が費やされています。本サービスにより、経営者や職員の業務負荷を軽減することで、余剰時間を療育活動や営業活動にあてていただくことができます。結果として、サービス提供品質の向上や安定した事業運営につなげていただくことが可能となります。

  • 毎月の請求業務を効率化!
  • 本サービスでは、利用者の基本情報管理から予定・実績管理、国保連への請求までを一気通貫で行うことができる予定です。これにより、請求書などの帳票作成業務や実績の計算業務、さらには経営データの電子化など請求業務を中心に業務削減が可能となります。

  • 購買や口座振替、ホームページ、送迎管理などその他カイポケ経営支援サービスが利用可能!
  • 請求業務や記録業務以外にも、「カイポケ経営支援サービス」の圧倒的な会員数により実現される集中購買をはじめ、口座振替機能、ホームページ作成、送迎管理などの多くの経営支援サービスを利用することができます。これによりさらなる業務効率化やコスト削減を図ることができます。

  • タブレットによる日々の記録業務を効率化!(※公開予定)
  • 本サービスでは、タブレット(iPad)を無償で貸与いたします。
    タブレットにインストールされている放課後デイの業務専用アプリを利用し、日々の記録をタブレットに入力することができます。これにより、連絡帳や業務日誌、サービス提供実施記録表に転記・二重記入する作業が省くことができます。またレセプトへの実績連動も行われますので、請求時期の実績入力作業が軽減されます。

    【サービス提供の背景】

     平成24年に障害者総合支援法が施行され、障害児支援が強化されています。その中心となっているのが就学児の居場所作りを推進する施設、放課後デイであり、近年利用者数・事業所数共に急増しています。
     介護同様、この障害分野においても国保連への請求業務や日々の記録業務をはじめとする事務作業が煩雑で、本来すべきサービス提供や事業継続のための営業活動に注力しきれていない現状がありました。そこで本サービスでは、経営者及び職員の業務負荷の軽減を支援いたします。

    ※引用元:厚生労働省 参考資料「放課後等デイサービスの現状」より

    【カイポケ経営支援サービスについて】

     カイポケ経営支援サービスは、介護・福祉事業者の経営・財務安定化及び業務負荷削減をサポートし、介護・福祉事業者が目指す「理想の介護・福祉」実現を全面的に支援するサービスです。採用支援サービスや営業支援サービスなど現時点で35を超える経営支援サービスを展開しており、全国約11,100拠点の介護事業所が会員となり、ご利用いただいております。

    本件に関するお問い合わせ先

    株式会社エス・エム・エス
    ・広報担当 養田(ようだ)
      電話:03-6721-2403
    ・事業担当 野本(のもと)
      電話:03-6721-2430
       e-mail:info2@kaipoke.biz
       URL:http://www.kaipoke.biz/lp/soft/houkago/reservation
       住所:東京都港区芝公園2-11-1住友不動産芝公園タワー

    PAGE TOP