カイポケ経営支援サービスが「第4回医療・介護総合EXPO大阪」に出展
~介護現場のICT活用による業務改善、導入事例などを紹介~

2018年01月24日 プレスリリース イベント一覧

カイポケ経営支援サービスが「第4回医療・介護総合EXPO大阪」に出展

~介護現場のICT活用による業務改善、導入事例などを紹介~
2018年1月24日
株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部)が提供する介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」は、2018年2月21日(水)~23日(金)の3日間、インテックス大阪で開催される医療・介護の両分野の製品を網羅した新しいコンセプトの専門商談展「第4回医療・介護総合EXPO大阪」に出展します。展示ブースでは介護現場のICT活用事例を紹介するとともに、主催者セミナーでは「医療・介護報酬同時改定への対策」をテーマとしてカイポケ会員が登壇します。

【展示会概要】

会期:2018年2月21日(水)~23日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
会場:インテックス大阪(カイポケブース小間番号:25-65)
入場料:事前招待券をお持ちの方は無料(招待券をお持ちでない場合、入場料5,000円/人)
第4回医療・介護総合EXPO大阪公式サイト:http://www.medical-jpn.jp/Home/


【主な内容】

介護現場では書類作成などのノンコア業務が多く、利用者のケアに向き合えていない介護事業者が多く存在しています。「カイポケ」は、ICTの活用による業務負荷削減や経営安定化など、介護事業者の経営を総合的に支援しています。
今回は、「カイポケ」活用による介護のICT化が実現する業務負荷の軽減、人材不足解消につながるプロセスなどを、プレゼンテーションなどを通してご提案します。

◆カイポケブースでは、実際の「カイポケ」画面やカイポケタブレットを操作できます
・カイポケユーザーの導入事例や効果を、写真やグラフ、インタビュー動画などでご紹介
・「カイポケ」に精通したスタッフによるカイポケ活用術やICT導入のアドバイス、ご相談

◆「医療・介護報酬同時改定への対策」をテーマにカイポケ会員が主催者セミナーに登壇
タイトル:「医療・介護ダブル改定の最新情報と対策~業務効率化、人材定着、利益UP~」
日程:2018年2月21日(水)10:30~12:00
講師:株式会社ライフケア代表取締役 一谷勇一郎氏、株式会社グレートフル代表取締役 岩﨑英治氏
詳細・お申込みはこちらから(受講無料/事前申込制)
https://reed-speaker.jp/Conference/201802/medical/detail/?gid=13&id=NS-S3


【「カイポケ」とは】

カイポケ 「カイポケ」は、介護事業者の経営・財務安定化及び業務負荷削減をサポートし、介護事業者が目指す「理想の介護」実現を全面的に支援するサービスです。現時点で採用支援サービスや営業支援サービスなど約40の経営支援サービスを展開しており、全国約20,100事業所の介護事業所が会員となりご利用いただいています。
http://ads.kaipoke.biz/

【本件に関するお問い合わせ先】

介護事業PR担当 竹原(たけはら)
電話:03-6777-1203 E-mail : kaigoprinfo@bm-sms.co.jp

PAGE TOP