HOME >  ニュース >  2017年6月から全国で順次公開予定 エス・エム・エスが映画『ケアニン~あなたでよかった~』に特別協賛

プレスリリース

2017年6月から全国で順次公開予定
エス・エム・エスが映画『ケアニン~あなたでよかった~』に特別協賛

2017年05月31日

 介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「当社」)は、6月17日より全国で順次公開予定の映画『ケアニン~あなたでよかった~』(以下「本作品」)に特別協賛します。

ケアニンロゴ
ケアニン

(C)2017『ケアニン』製作委員会

■特別協賛の背景

 本作品は、介護という仕事を通して、働くことの意味や、人と人、地域との繋がりの尊さを描いた作品です。介護業界は一般的に3K(きつい・汚い・危険)というネガティブなイメージで語られることが多いものの、現場では悩みながらも自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持って働いている方が多くいます。
 当社は介護業界の深刻な人材不足解消へ向け、人材流出を防ぐ一方で、新たに介護業界へ入る方を増やしていく取り組みに注力しています。本作品が、介護職としてのやりがいや喜びなど、言葉では表現しにくい介護現場におけるポジティブな面を伝えようとしている点に共感し、今回の特別協賛が実現しました。
 当社では、ケアマネジャー向けコミュニティサイト「ケアマネドットコム」などにおいて、特別協賛企画記事を展開するなど、介護職として自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持って働いている方々を描いた本作品を応援していきます。

■映画『ケアニン~あなたでよかった~』作品紹介

ケアニン~あなたでよかった~

・ストーリー
 3K(きつい・汚い・危険)のイメージが先行する介護の世界に飛び込んだ新人介護福祉士・大森圭(おおもり けい)。勤務先である郊外の小規模介護施設で“介護福祉士”という仕事に日々悩みながらも、同僚に支えられつつ施設利用者と接するなかで、自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持ち、人として成長していく姿が描かれている。
・製作:「ケアニン」製作委員会
・原案・エグゼクティブプロデューサー:山国秀幸
・監督:鈴木浩介
・出演:戸塚純貴、松本若菜、山崎一、水野久美ほか
・公開日:2017年6月17日(土)より全国で順次公開
・公式サイト:http://www.care-movie.com/
・公式Facebook:https://www.facebook.com/caremovie/

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社エス・エム・エス(東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー)
・事業担当 介護経営企画部 竹原(たけはら)
 電話:03-6777-1203  E-mail : kaigoprinfo@bm-sms.co.jp
・広報担当 広報グループ 養田(ようだ)
 電話:03-6721-2404  E-mail:smsinfo@bm-sms.co.jp
 URL:http://www.bm-sms.co.jp/