HOME >  ニュース >  「認知症ねっと」がひろかわクリニック、株式会社ティップネスと協業し、認知症予防トレーニング講座「認トレ®教室」の法人展開を開始

プレスリリース

「認知症ねっと」がひろかわクリニック、株式会社ティップネスと協業し、認知症予防トレーニング講座「認トレ®教室」の法人展開を開始

2017年07月4日

 介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「当社」)は、日本最大級の認知症専門サイト「認知症ねっと」において、認知症予防の専門クリニックであるひろかわクリニック(宇治駅前MCIクリニック、以下「ひろかわクリニック」)および株式会社ティップネスと協業し、認知症予防トレーニング講座「認トレ®教室」の法人展開を開始します。

【「認トレ®教室」法人展開の背景】

 厚生労働省の発表によると、認知症患者は2025年に約700万人(高齢者の5人に1人)を超えると推計されています。このような社会的背景から、認知症の予防手段に対する関心が高まり、頭の健康を気にする元気なシニア向けのサービスや、商品を提供する企業・団体も増加しています。しかしこれらの企業・団体の多くが「自社のサービスや商品を効率的に告知したり、試用してもらう場がない」という課題を抱えています。
そこで「認知症ねっと」では、ひろかわクリニック、株式会社ティップネスと協業し、企業・団体に対し、これらの課題を解決する場として、「認トレ®教室」の提供を開始しました。「認トレ®教室」では、そこに集まる「頭の健康に対して意識が高いシニア」に、企業・団体が効率的に自社のサービスや商品を告知したり、試用してもらうことができます。また、企業・団体が主催するイベントのコンテンツのひとつとして「認トレ®教室」を提供することも可能です。
さらに、当社は「認知症ねっと」にて「認トレ®教室」の開催告知を行い、集客のサポートも行います。

認知症®トレ教室によるマーケティング支援

【「認トレ®教室」とは】

 認知症を予防するためには、運動や知的トレ-ニングで脳を活性化するほか、日々の食事習慣を改善するなど、多種多様な手段があります。しかし一方で、これらの予防活動がどういった認知機能に効果があり、どういった状態の方に適しているのかなどの情報が整理されていないという課題もあります。
 ひろかわクリニックが提供する「認トレ®教室」は、認知症発症の予防・改善・遅延に取り組む認知症予防プログラムメソッドです。「運動」「脳」「食事」の3つの観点で生活習慣にアプローチし、楽しく継続できる認知症予防習慣を作ります。
 当社はひろかわクリニックと協業し、この「認トレ®教室」を各地で開催したり、コンテンツとして提供してきました。これまで40回以上の開催実績*2があり、複数の会場で実施したアンケート調査では、参加者の満足度、再利用意向度ともに85%を超えています。
 また、2017年6月より、株式会社ティップネスと協業することで「認トレ®教室」の開催場所の拡大が可能となりました。
*1 京都の宇治にあるひろかわクリニックで100回以上の開催実績(述べ参加人数1500名以上)
*2 述べ参加人数800名以上

【「認知症ねっと」とは】

認知症ねっと

 「認知症ねっと」は、月間60万人以上が訪れる日本最大級の認知症専門サイトです。認知症専門ドクターや認知症ケアに関わる医療・介護の専門家による監修・協力を得ながら、認知症の予防やケア(介護)に感心のある人々に向けて、体系的に整理された認知症情報と、認知症関連の最新ニュースを日々発信しています。
「認知症ねっと」はこちら→ https://info.ninchisho.net

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社エス・エム・エス (東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー)
・取材・報道について 広報グループ 養田(ようだ)
 電話:03-6721-2404  E-mail:smsinfo@bm-sms.co.jp
 URL:http://www.bm-sms.co.jp/
・「認知症ねっと」「認トレ教室」について ヘルスケア事業部 吉山(よしやま)
 電話:03-6721-2411  E-mail : info@ninchisho.net
 URL:https://info.ninchisho.net