トップメッセージ

エス・エム・エスは、「高齢社会に適した情報インフラを構築することで人々の生活の質を向上し、社会に貢献し続ける」を、ミッションに掲げています。

日本は未曾有の少子高齢化・人口減少時代を迎えています。人口動態の変化を背景として、経済動向や国家政策、人々の価値観といった社会のありようは大きく変容し、これまでにない新たな課題が生じています。例えば、高齢化に伴い医療・介護の需要が増大する一方で、これらのサービスを支える従事者が不足することで、質の高い医療・介護サービスの提供が難しくなると懸念されます。また、医療費・介護費・年金等の社会保障費の増大と生産年齢人口の減少により、高齢者を支える現役世代の負担はますます深刻になっていきます。さらに、介護や終活などの需要が増加する一方で、これらの高齢社会の生活にまつわる情報が質・量ともに不足することで、高齢者やその家族が抱える様々な困りごとの解決が困難になることが予想されます。

私たちは、ミッションの実現を通じて、これらの社会課題を解決したいと考えています。高齢社会に求められる領域を医療・介護・ヘルスケア・シニアライフと捉え、価値提供先であるエンドユーザ・従事者・事業者をつなぐプラットフォームとしての情報インフラを構築することで、高齢社会の社会課題を解決し、人々の生活の質の向上を実現していきます。

当社は2003年の設立以来、次々と事業を創造し、領域を拡張することによって、高齢社会の情報インフラを構築してきました。医療・介護領域においては、人手不足と偏在の解消を目指し、業界に先駆けて創造した医療・介護従事者向けのキャリアサービスや、介護事業者の経営改善をサポートする介護事業者向け経営支援プラットフォーム「カイポケ」の提供を通じて、質の高い医療・介護サービスの継続提供の実現に貢献しています。また、ヘルスケア領域では、企業・健康保険組合向け健康経営支援プラットフォームを提供し、現役世代の人々が生産性高く健康で長く働けるようにするためのサポートを通じて、健康な労働力人口の増加に寄与することを目指しています。シニアライフ領域では、高齢社会の生活にまつわる悩みや不安の解消を支援する困りごと解決プラットフォームを構築し、様々な情報を分かりやすく整理し提供することで高齢社会における困りごとの解決をサポートしています。

また、高齢化は日本のみならずグローバルな課題であり、世界各国が、今後、長期間に渡り高齢社会で生じる様々な問題に直面していくことが確実です。当社は、2015年に子会社化したMIMSグループを基盤として海外展開を加速しており、アジア・オセアニアを中心に17の国と地域で事業を展開しています。医療・ヘルスケア関連事業者に対するマーケティング支援事業と、クロスボーダーで医療従事者の就転職を支援するグローバルキャリア事業を通じて、アジアにおける医療の普及・安全性の向上と、世界的な医療従事者の不足と偏在という社会課題の解決に取り組んでいます。今後も、高齢社会の課題先進国である日本における事業運営を通じて培ってきた課題解決力を活かし、高齢化がもたらす社会課題をグローバルに解決していきます。

私たちはこれからも高齢社会の情報インフラの構築を通じて、社会課題を解決し、高齢社会を豊かな社会にしていきます。患者や高齢者、そのご家族が、質の高い医療・介護サービスを継続的に享受でき、安心して暮らせている。現役世代の方々が、健康的にイキイキと働けており、豊かな暮らしを送ることができている。そして、高齢社会に生きるすべての人々が自分の生活や人生にまつわる様々な悩みや不安を解消し、安心で豊かな暮らしを営めている――。このような未来の実現に向けて、私たちはこれからも高齢社会の社会課題解決に挑み続けます。

株式会社エス・エム・エス
代表取締役社長 後藤 夏樹

あわせて読む