コンプライアンス

エス・エム・エスグループは、法令、定款や社会規範の遵守を経営の根幹と認識し、コンプライアンス体制の維持・向上に取り組んでいます。


コンプライアンス推進の仕組み

当社の幅広い事業領域に関係する法令その他諸規則、社会規範を遵守するため、「エス・エム・エス ビジネスガイドライン」を制定し、全役職員に対する研修を通じてその周知・徹底を図っています。また、海外事業の主軸であるMIMSグループにおいては、全役職員を対象とした「MIMS Code of Business Conduct(行動規範)」を定め、代理店等社外の取引関係者に対しても同等の規範の遵守を求めています。

コンプライアンスを含むリスクマネジメントの所管部門がグループ全体のコンプライアンス対応を組織横断的に統括するとともに、内部監査部門が法令の遵守、倫理観の醸成および全社的なリスク管理の状況について監査を実施しています。


贈収賄・汚職の防止

当社グループは、社会の一員として、誠実で公正な商取引を行うことが極めて重要だと認識しています。全役職員を対象として、法令の遵守はもちろん、高い倫理観に基づく事業活動の推進を掲げ、贈収賄・汚職を含む不正行為の防止を徹底しています。

さらにMIMSグループにおいては、「贈収賄防止ポリシー」を定め、あらゆる腐敗行為の防止に取り組んでいます。米国FCPA(連邦海外腐敗行為防止法)、英国UKBA(贈収賄防止法)のほか、MIMSが事業展開する全ての国・地域における関連法規の遵守を徹底するため、社内への周知と必要な教育を行うとともに、第三者との取引に際しては適切なデューディリジェンスを実施しています。


人権の尊重

当社グループは、国際社会において、企業が人権尊重のために果たすべき責任が従来以上に拡大していることを認識し、事業運営および従業員の働く環境を整備するにあたり以下の取り組みを推進しています。

  • あらゆる強制労働、児童労働、人身売買の排除
  • 出生・国籍・人種・民族・思想・信条・宗教・性別・各種障がい、その他業務を進める上で関係の無い個人的特性に基づいた差別の排除
  • セクシャルハラスメント、パワーハラスメント等のハラスメントの排除


反社会勢力排除

当社グループは、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは一切の関係を遮断し、グループを挙げて毅然とした姿勢で対応しています。「公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会」に加盟し、関係機関と連携しながら、反社会的勢力排除に向けた体制の強化を図っています。新規取引を開始するにあたっては、取引先について厳正なチェックを行い、また、契約書等に反社会的勢力排除に関する条項を盛り込む等により反社会的勢力との取引を防止するよう努めています。


内部通報窓口の設置

当社及び当社国内子会社の全役職員が、職場における法令や社内規程等への違反について通報、報告、相談ができる窓口を設定しています。社内窓口への通報に抵抗がある場合に配慮し、社外弁護士による通報窓口も設置しています。
相談窓口の運営にあたっては、実名での通報・匿名での通報をいずれも自由に選択できるものとし、内部通報に関する情報の秘密保持も徹底しています。また、通報者が相談内容によって報復人事を含むいかなる不利益も被ることがないことを保証しています。外部弁護士による通報窓口は、女性の担当者を指定して相談することも可能です。

MIMSグループにおいても、内部通報の手続きを定め、匿名での通報を選択できること、通報者が相談内容によって不利益を被ることがないことを保証しています。