「カイポケ」が経済産業省のサービス等生産性向上IT導入補助金の対象に認定
~中小企業・小規模介護事業者の経営・運営をサポート~

2018年05月11日 介護 プレスリリース

「カイポケ」が経済産業省のサービス等生産性向上IT導入補助金の対象に認定

~中小企業・小規模介護事業者の経営・運営をサポート~
2018年5月11日
株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「当社」)は、経済産業省が実施する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」において、「IT導入支援事業者」に、昨年に引き続き認定されました。介護事業者様が、当社が提供する介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」を新規に導入する場合、補助金を受け取ることができます。

【「カイポケ」とは】

介護現場では、書類作成や保険請求などのノンコア業務や、短時間の移動や立ち寄り、紙による情報やり取りなど非効率な業務に追われ、本来の利用者ケアに向き合うことができない事業者が多く存在しています。
「カイポケ」は、ICTの活用による業務負荷削減やリアルタイムの情報共有サービスなど、介護経営・運営に役立つサービスを提供しています。

【IT導入補助金概要】

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としています。
当社は、一般社団法人Business IT推進協会コンソーシアムを通じて、「カイポケ」の導入による生産性向上支援およびIT導入補助金の申請代行を行う予定です。
<介護のIT補助金について詳細はこちら>
http://ads.kaipoke.biz/pages/it-subsidy/index.html

この度の認定を受け当社では、中小企業・小規模事業者等の生産性向上と経営支援により一層寄与してまいります。

【報道関係のお問い合わせ】

広報担当 竹原(たけはら)
 電話:03-6721-2404  E-mail : smsinfo@bm-sms.co.jp


【IT導入補助金の申込み・ご相談】

申込み担当 三村(みむら)
 電話:0120-701-654

<参考>

【一般社団法人BusinessIT推進協会とは】

日本の中小企業の生産性・収益性を向上させていくために、ITの活用を中立的な立場で推進していくことを使命とし、2016年9月に設立。全国の中小企業へのクラウド普及を目指し、中小企業向けサービスを提供する23社のパートナー企業や金融機関会員、150の士業会員を中心に活動しています。
https://bipa.or.jp/


【「カイポケ」とは】

カイポケ 「カイポケ」は、介護事業者の経営・財務安定化及び業務負荷削減をサポートし、介護事業者が目指す「理想の介護」実現を全面的に支援するサービスです。現時点で採用支援サービスや営業支援サービスなど約40の経営支援サービスを展開しており、全国約21,400事業所の介護事業所が会員となりご利用いただいています。
http://ads.kaipoke.biz/

PAGE TOP