ICTを活用した介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」、導入事業所数30,000件を突破~業務支援・金融・購買などの機能で介護事業者の経営改善・サービス品質向上へ貢献~

2021年01月21日 プレスリリース 介護

ICTを活用した介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」、

導入事業所数30,000件を突破

~業務支援・金融・購買などの機能で介護事業者の経営改善・サービス品質向上へ貢献~

2021年1月21日
株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部、以下「当社」)は、提供する介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」の導入事業所数が、2021年1月1日に30,000件を突破したことをお知らせします。

カイポケ3万件突破


超高齢社会に突入し、介護のニーズが増大する一方で、2020年「老人福祉・介護事業」倒産数は過去最多を更新しています※1。また団塊世代が75歳以上になる2025年に、介護職員が約34万人不足する恐れがあるとの推計が厚生労働省から公表されるなど※2、介護の人材不足は深刻です。加えて、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、利用控えによる売上減少や、感染予防・拡大防止策による費用増加など、介護事業者を取り巻く環境は厳しさを増しています。

当社は、介護事業者の経営・業務の効率化や働き方改革をサポートするクラウドサービス「カイポケ」を提供しています。2014年に経営支援サービスへとリニューアルをし、以降、介護事業所運営に必要な記録や介護保険請求に関する業務支援機能、勤怠、求人、会計、ファクタリングサービス、各種備品調達、スマートフォンレンタルサービス、介護業界向けM&Aサービスなど、介護事業者の経営を支援する40以上のサービス・機能を展開してきました。この度、2021年1月1日に、導入事業所数が30,000件を突破しましたので、お知らせします。

当社では、今後もカイポケの提供を通じて、介護事業者の経営改善とサービス品質向上に貢献していきます。



【「カイポケ」について】

カイポケは、クラウド型の介護事業者向け経営支援サービスです。ICT活用により介護事業者の経営・業務の効率化や働き方改革をサポートします。保険請求・業務支援、人事・労務、金融、購買など、現時点で約40のサービス・機能を提供しています。

■主な機能・サービス※3
①保険請求・業務支援
専用タブレットやスマートフォンなどICTを活用し、情報入力から、計画・記録書類の作成、実績確認、介護保険請求までをトータルでサポートする機能
②人事・労務
勤怠管理や給与計算機能、求人広告など
③金融
ファクタリングサービスや、会計、口座振替機能など
④購買
スマートフォンレンタルサービスや、介護経営に必要な備品調達、カーリースサービスなど
⑤その他
介護業界向けのM&Aサービスなど

■導入事業者の声
・保険請求業務事務作業時間は、利用者の数が2倍になっても変わらず、人数増加前と同じ時間で対応できている。(居宅介護支援事業所勤務ケアマネジャー)
・タブレットやスマートフォンで訪問記録を入力するようになり、書類のチェックや管理などの事務時間が月約100時間削減となった。また、保険請求の業務を年間120万円で外部へ委託していたが、カイポケの導入で不要となり業務委託費用を削減することができた。(訪問介護事業所経営者)
・タブレットを用いて記録入力・情報確認を行うようになったため、利用者様の状況確認や訪問記録入力作業などの時間が減った。また管理者はタブレットを見てすぐに状況を確認できるようになったため、看護職員が訪問後に事業所に戻って報告する必要がなくなった。そのため、看護職員1人1日あたりの訪問件数が1.5倍に増加し、事業所の収益向上に寄与した。(訪問看護事業所経営者)

■提供介護サービス種類
居宅介護支援事業所、通所介護事業所、訪問介護事業所、訪問看護事業所、障がい者総合支援(訪問系)、児童発達支援事業所、放課後等デイサービスなど

■URL
https://ads.kaipoke.biz/

※1:東京商工リサーチ2020年「老人福祉・介護事業の倒産状況」より(2021年1月8日付)
※2:厚生労働省「第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要数について」より
※3:介護事業所のサービス種類により提供サービス・機能が異なる場合があります



【報道関係のお問い合わせ】

広報担当 竹原(たけはら)
電話:03-6721-2404 mail : smsinfo@bm-sms.co.jp

リリースをPDFファイルでダウンロード

PAGE TOP