資本政策

資本政策の考え方

当社は、持続的な成長と長期的な企業価値の向上をもって株主に価値貢献をすることが重要だと考えています。限られた経営資源を効率的に活用し、資本コストを超える高いROEを維持しながら、当期純利益を継続的に成長させていくことを目指しています。当社グループの事業領域である高齢社会に関連する市場には膨大な事業機会が生まれているため、獲得した利益は持続的な成長と長期的な企業価値の向上のために必要な投資に活用していきます。従って、配当については、成長への投資を優先した上で、財務の状況を勘案し、配当の実施と金額を決定することを基本方針としています。

■株主総利回り(TSR)

  • ※ キャピタルゲインと配当を合わせた、株主にとっての総合投資利回りを表します。
  • ※ 2014年3月期末の終値を100とし、保有し続けた場合の毎期末時点の値です。

■配当実績

1株あたり配当額、配当性向の推移

  • ※過去に実施した株式分割を考慮した値で記載しております。

■過去の自己株取得

取得期間 取得方法 取得株式総数(株) 取得総額(円)
2015年2月5日~3月31日 市場買付 88,300 116,379,900
2014年11月21日~12月31日 市場買付 235,400 296,464,400
2014年9月19日~9月22日 市場買付 86,400 120,714,400
2013年4月30日~6月11日 市場買付 637,800 421,009,300
2012年5月1日~5月31日 市場買付 282,000 81,446,800
合計 1,329,900 1,036,110,800